Read Article

ヴォイサリオンとしゃばけと桃

ヴォイサリオンとしゃばけと桃

休みの日に舞台2本を見てきました。


昼公演はシアタークリエで朗読劇「ヴォイサリオン」です。
19世紀のロンドンを舞台にした小説家コナン・ドイルと天才奇術師ハリー・フーディーニを中心として、ゴーストの謎にせまる物語。
ハリー・フーディーニ役の紫吹淳はかっこよかったです。
立ち姿にオーラがありました。
音楽とストーリーも素晴らしく、笑ってホロリとさせられました。

公演が終わって日比谷から新宿へ移動。

高野フルーツパーラーで休憩。
先日の有吉・マツコの番組で高野フルーツパーラーの特集をやっていて、是非とも食べたいと思っていた白桃をいただきました。
美味!くちの中で蕩けます。

舞台2本目は紀伊国屋ホールで「しゃばけ」を観ました。
しゃばけは、江戸の大店「長崎屋」の若旦那を主人公にしたお話ですが、この舞台は紅白粉屋・一色屋の娘の話と、若旦那の腹違いの兄の話の2本立て。サイドストーリーですね。
屏風のぞき役の藤原祐規さんの演技が楽しかったです。

1日2本観ると、お尻が痛くなったけれど、充実した1日でした。

Return Top